チャットレディーの確定申告は、誰でも申告するもの。源泉徴収票をもらっていない女性は「業務委託契約」になりますが、申告は必要です。

チャットレディー募集ナビ。高収入バイトの決定版!

確定申告って必要なの?

チャットレディーの確定申告は、必要です。そもそも所得があれば、誰でも申告するものです。副業で年間20万円を超えない人、主婦で38万円を超えない人であれば、申告する必要はありませんが、それ以外のチャットレディさんは基本的に申告が義務となります。

この計算方法は、わかりやすく言うと、「チャットレディの所得−経費=20万円未満」になります。報酬から、ライブチャットのバイトにかかった諸経費を差し引くわけです。例えば、チャットレディーで年間50万円稼いで、パソコンなどの経費が20万円かかったとすると、手元の残りは30万円ですから、主婦の方は申告しなくても良いという形になります。

確定申告の日にち

確定申告日は、今年(1月1日〜12月31日)の所得を、翌年の2月16日〜3月15日までに申告する必要があります。

申告場所は、管轄の税務署か、もしくは、電子納税システムの「e-TAX(イータックス)」を使えば、自宅からでも申告することが可能です。イータックについては、国税庁のホームページに使い方が記載してあるので、気になる方はチェックしてみてください。

確定申告の種類

自宅SOHOや在宅ワークで確定申告をする際は、青色申告か白色申告で申告します。青色申告は企業や個人事業主で収入が300万円、400万円以上ある人が対象になってくるので、チャットレディーの大半の女性は、白色申告で構いません。

青色申告は、節税して税金をなるべく安く抑えるのに効果的です。それに帳簿への記帳や収入の記帳が必要になってくるので、初めての申告される方は、白色申告のほうが良いでしょう。

白色申告では、収支内訳書と確定申告書を書きます。収支内訳書には、年間の収入の合計金額と経費を記入します。所得300万円以上のケースでも、帳簿作成する場合もありますが、大半のチャットレディーは作成する必要がありません。白色申告では、青色申告よりもかなり手軽に申告できます。

また、収入が多いチャットレディーや将来、独立やベンチャー立ち上げを考えている方は、青色申告でも良いと思います。

申告や節税で不明な点があれば、近くの税務署に相談しておきましょう。税務署の職員は意外と丁寧に教えてくれます。

源泉徴収票をもらっていない場合はどうするの?

源泉徴収票をもらっていないチャットレディーの方は、ライブチャット運営会社から源泉を引かれていないことになります。簡単に言うと「会社では、あなたの税金を払っていないので、自分で税務署に行って申告してください」という意味です。

年収が300万円以下の方は、収支をノートなどに記帳する必要はありません。年間300万円以上の売上げを得ている方は、経費の領収書、収入を証明できる書類などの提出を求められるので、事前に準備しておきましょう。

源泉徴収票をもらっている女性でも、年間20万円を超える場合(主婦は38万円以上)は、申告する義務があります。申告するときは、源泉徴収票を持参して行きましょう。

副業を会社にばれずに済む方法

副業を会社に内緒にしたいチャットレディーの方は、「給与所得以外の住民税の徴収方法」の欄を「特別徴収」ではなく、「普通徴収」に丸をつけましょう。

特別徴収とは、正社員やフリーターが納めるべき税金を、会社が代わりに納入する制度のことです。通常、ライブチャットの所得(報酬)から、今年、支払う住民税が決まります。つまり、所得が多いと、住民税もその分、増えます。

普通徴収にしておけば、会社に請求がいく際に「住民税の多さ」が比較的ばれないで済みますから、必ず「普通徴収」で申告するようにしましょう。

なお、他サイトでも書いてありますが、絶対に会社にばれないという保障はありません。企業が調べようと思えば、いくらでも調査してあなたの所得を調べることができます。ですので、比較的ばれずに済む方法という認識でいた方が良いと思います。

※当サイトでは、確定申告の内容に一切責任を負うことはできません。あらかじめ、ご了承ください。なお、不安な方は、税務署の職員に無料相談することもできますので、税務署や税理士さんに相談することをオススメします。